テーブルがペトペトしてる感じがして


by big_king_fun
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

横浜ファッション通信

横浜に来て早2ヶ月。

旭のときとは違い朝夕の通勤時に数多の人たちと出会いそして別れます。

そんなときやっぱり寝巻きTシャツでは通勤できないので、おしゃれに興味のないポックンでも恥ずかしくないように心がけています。でもまだまだ都会暦の短い自分ではやっぱり最新流行ファッションにはついていけません。





d0058761_215133.jpg




7分丈ケミカルヲッシュジーンズ。

こんなに上げられねぇよ。
[PR]
by big_king_fun | 2007-09-19 21:55 | 戯言

胸がドキドキ☆

今日はちょっと、結構本気(マジ)目に。

もう24にもなって中学、高校(高専)の頃のあの胸を焦がすような気持ちや、胸のトキメキ☆ドキドキ☆なんてすっかり忘れてしまってました。

中学時代、まだお互いキスもしたこともない2人。

学校からの帰り道デートは冷やかす後輩や友達に「うるせぇ!」などとニヤケて言い放ち、いつもは通らない人通りの少ない道を選んで歩き、手が触れるか触れないかの一定距離を保つ。
「今日クラスの○○がね・・・」とか「数学のハゲが最悪で・・・」と当たり障りのないホントーに他愛もない会話をする。

でも全く頭に入らない。

「ねぇ、聞いてる?」と少し膨れっ面をした顔で覗き込まれる。

だって、サンサンと照りつける夏の日差しと日差しより眩しい彼女の横顔、少し汗ばむ首筋、そして手を繋ぐタイミングのことで頭がオーバーヒートしそうだから。
暑さと緊張で自分の手が汗ばむ。こんな左手で彼女の手を握ったら嫌がられるかもしれないと緊張してしまい汗が更に滲む。
どうしよう・・・?立ち止まりハンカチかハンドタオルがないか鞄の中を探すが今日に限って持ってくるのを忘れてしまったみたい。仕方なく、制服のズボンのポケットあたりで汗を拭く。

すると「手、どうかしたの?」と尋ねてくる。

「・・・いや、ちょっと汗が・・・」と少し戸惑いながら答えると・・・「暑いもんね、私も汗かいてる☆」と彼女が手のひらを僕に見せてきた。
手を繋ぐことばかり考えていた僕は気づいたら彼女の手を握っていた・・・少し驚いた彼女の顔。

「いこうっ」と手を引くと彼女が「繋ぐ手逆だよ☆」と笑顔で言う。

左手で左手を握っていた・・・

手を繋ぎなおすと、握り返してくるのが分かった。

強くもなく・・・

弱くもなく・・・

だけど決して離れることはないくらいの強さで・・・

少し遅くなった歩くペースと少し早くなった僕のドキドキ。


高専時代、生活範囲も広がり新しい出会いがあり違う高校の彼女と付き合う。

僕はPHSを持っていたが彼女はPHSや携帯を持っていなかった。
そのため、連絡をとるのは一苦労だった。彼女が公衆電話や家に帰ってから電話してこない限り彼女がどこにいるのかすらも分からない。それに加え一人娘だったのでパパ上が厳しかった。それでもお互いなんとか合う時間を作った。

学校が終わり、自転車を漕ぎ駅までゆく。本数が少なく、なかなか来ない電車に焦れる。

待ち合わせは彼女の学校の最寄駅。17:10に駅に着いた。約束の時間は5分後の17:15。

とても長く感じる5分間が過ぎた。

彼女と同じ学校の生徒たちがやってくるのでその中から彼女の姿を探す。でも、なかなか見つけられず、約束の時間からとうに10分過ぎている。学校から直接向かってくるはずなので連絡を取ろうにも取れない。

もどかしい時間が過ぎる。

時間を、日を間違ったのかと自分で再確認するが今日の17:15で間違いない。昨夜のラブコールで「明日ね☆」と言ったのを鮮明に覚えている。

隣の駅と間違ったかもしれないと思い、隣駅まで行こうとしたが次の電車が30分後。
幸いに隣駅はとても近いため走っていくことにした。
教科書の入っていない空っぽの鞄に感謝をしつつ全力疾走。10~15分くらい走ったら駅が見えてきた。

駅に近づくと女子校生が1人立っているのが見えた、間違いなく彼女だった。

息を切らし、汗で塗れたシャツの僕を見て、驚きと安堵の顔をする彼女に僕は

「心配したぞ!ってかなんで」と言う僕を遮り、彼女が僕に抱きつく。

人通りの少ない小さな駅前で。。

走ってるときより早くなった僕のドキドキ。




まぁー、そんなドキドキなんて今はない。

最近起こることや手に入れるものの全ては今の僕にとっては「初めて」=「ヴァージン」ではなくて、だいたいが同じことの繰り返しかちょっとしたアップデートに過ぎないかもしれない。

「初めて」だとそのこと自体に対する恐れや、成し遂げることが出来るかの不安とともに、知らないものを知る期待、喜びが入り混じり言葉では表現できない気持ちになる。

そんな「初めて」「ドキドキ」を最近感じることができる。




さいきんのトイレット(大)には公衆の場所でもウォシュレットなるハイテクノロジーマスぃーンが搭載されていることが多くなってきた。

今までこれを馬鹿にしとったけど、一度味をしめると病みつきになってしまった(何がやねん!?)

しかーし、あの「ピシャー」っと噴射される水(ぬるま湯)の
-水勢
-放水位置
-放水形状
は各メーカー、機種によって異なっている。
そのため初めて対峙するマスぃーンに対しての自分のポールポジションを取ることはとても困難である。今年のF1並みに困難である。
いつものマスぃーンで水勢は「やや弱い」で使用しているが初対面のマスぃーンの時にいつもどうするか悩んでしまう水勢。

やはり最低数百人のサンプルを取っているであろう、そしてその結果から割り出したメーカーお勧め水勢「普通」がよいのか、はたまた自分の好み「やや弱い」がよいのか・・・
いや。いつものマスぃーンならいざ知らず、初めて対峙するマスぃーンに対してそんな弱気でどうすんの?メーカーお勧めがそんなに強いはず無かろう、むしろ「やや弱い」にしてしまって弱すぎたときの悲壮感を味わってしまってよいのだろうか。今日の気分はイケイケだから「やや強い」くらいがむしろ気持ちよいのではないか。

そんなことを考えながら「普通」でボタンを押そうとしている時のドキドキといったら、もう計り知れない。いざ水が放出されて水勢はいいものの、そこは僕のブルショット!!ってこともある。
勢いだけではだめだ、位置も重要なことを忘れてしまう。

ドキドキして自分を見失いがちである僕はまだまだ真のウォシュレッターにはなれない。

公衆のウォシュレット付きトイレ(大)でやたら長い奴がいたら、そいつは間違いなく「水勢・放出位置」に悩んでいる真のウシュレッター。

ウォシュレットは深い。


さらに最近のウォシュレットにはこんな機能まであるなんて・・・
d0058761_23583936.jpg


なにが出てくるんだろう。



INAX、TOTO。

逆から並べるとOTOT、XANI。 OTOT X ANI → 弟 対 兄。
[PR]
by big_king_fun | 2007-09-08 15:52 | 戯言

ネット開通。

越して来て2ヶ月近くたちました。

やっと自宅にネット開通しました。引越し前からNTTに連絡をしていたけど、僕自身が工事日を指定できなかったので、何度も何度もNTTの西村お姉さんから催促の電話がありました。ちょっと仲良くなってきたところでネット開通!ハイさよなら。NTTだけにテレホンS○Xとか・・・特に何も期待してないけど。
[PR]
by big_king_fun | 2007-09-08 14:48 | 戯言

好きなTV番組

ピタゴラスイッチ♪

アルゴリズム体操ってついつい見てしまう。

P.S.メール着信音はアルゴリズム体操。だからメール頂戴、綾香・・・
[PR]
by big_king_fun | 2007-09-07 19:17 | 戯言